各国料理を食べながら、アフリカにバッタを倒しに行った男について語る会

過去に開催した異国料理を食べながらの読書会です。

カフェ クロスロード(ささしまライブ駅:各国料理)

“美味しい各国料理を食べながら、アフリカにバッタを倒しに行った男について語る会”、略してバッタ会を開催しました。
 課題本 “バッタを倒しにアフリカへ”は、生物系若手研究者の手記という非常にマニアックな題材ながら、著者のやや自虐的なパフォーマンスと真面目な研究内容のギャップの凄まじさが理系以外の方の心も捉えて、見事に本年度の新書大賞を受賞し累計発行部数が20万部を超えています。

 著者は、ファーブルに憧れて昆虫学者を目指して博士課程を卒業してポスドクの道を歩み出します。ただ、研究対象に日本に生息していないサバクトビバッタを選択したとこともあり、なかなか大学の正規ポストを得ることができません。
そんな中、一発逆転を期して著者が選んだのがアフリカのモーリタニアでの研究生活。本作では、先進国の研究者が皆無の当地での破天荒な日常生活とバッタの研究、そして次のポストの為の就職活動の模様が綴られています。
 今回は11名の方にご参加頂きましたが、理系の方はもちろん文系の方からも著者の生き様について、多様な意見を出していただきました。

*研究テーマを選ぶ場合、できるだけ楽に多数のデータを集めるために実験対象は容易に入手でき、繁殖にも手間がかからない生物を選ぶのが常套手段。この著者はそもそも、実験対象に日本で生育していないサバクトビバッタを選んだ時点から覚悟が違う。(実験対象にしにくい動物の例としては例えば、クマが挙げられる。繁殖もしずらく、飼育に危険が伴い、野生環境での個体数も減少傾向)
*理系の若手研究者(ポスドク)の大変さがよく理解できた。弟が同じような境遇だがほとんど24時間研究して何とか頑張っている。もう少し大事にしてあげようと思った。
*著者の別の本(孤独なバッタが群れる時)を読んで、ちゃんと著者が真面目に研究していることを知って安心した。
*ニコニコ動画のようなメディアをうまく活用している所がすごい。理系研究者は真面目だが、わかりやすく自分のすごさを表現できる人は少ない。この著者はアピール力がすごい。
*この著者は、ポスドクの中では明らかに成功者。著者の陰で何百人のポスドクが夢敗れて別の道を歩むことを余儀なくされている。
*本気で一つの物事を突き詰めてタイミングを見誤らなかった方には、道が開けると感じた。学生時代にお世話になった教授も若い頃は似たような経験をしていたそうで、同じような境遇の若者に恩返しがしたいという話をされていた。
*一般的な日本人が捉えているイナゴとバッタの概念が逆なことに衝撃を受けた。
*裏ヤギ(お世話になった人にお礼としてヤギ1匹丸ごと提供)に代表されるように、海外で人を動かすには工夫が必要。同じ釜の飯を食うというのは、コミュニケーションの基本だと思う。お金に相当するものは高くても安くてもダメだし、やってくれたら大袈裟に喜んでお礼を言うのも必要。

 この他にも、昆虫採集、雅楽、図書分類等々、いろんなの方面の話で盛り上がり、皆さんの興味関心の広さが伺えました。

 今回会場に使ったのはJICA中部1Fのカフェ クロスロード。世界各国の料理がお手頃価格で楽しめるこのカフェは、JICAの海外研修員の方の食堂も兼ねています。日本向けにアレンジされたメニューもありましたが、名古屋では中々食べられないアフリカ諸国のメニューも多く取り揃えられており、ご参加の皆様に大変好評でした。聞きなれないメニューには関連のリンクを貼っておきましたので、ご興味ある方は参照ください。

ボボティー(南アフリカ カレー味のミートローフ)
http://e-food.jp/recipe/boboti.html
ドロワット(エチオピア チキンのカレー風煮込み)
http://africook.blog.fc2.com/blog-entry-34.html
ルンダン(インドネシア 牛肉のココナッツ煮込み)
https://ameblo.jp/tidur-tiduran/entry-11193563794.html
ピンカイ(ラオス 焼き鳥)
https://kellysiewcooks.com/2014/06/10/aff-indochina-ping-kai-laotian-grilled-chicken/
コシーニャ(ブラジル 鶏肉のコロッケ )
http://www.potatoairlines.com/potato_dishes/brazil_01.html
リングイッサ(ブラジル 極太ソーセージ)
マトンケバブ(アフガニスタン)
チョリソーオーブン焼き(メキシコ)
タイ風オムレツ
モロッコ風色々豆サラダ

イラン料理会

お店:ミラノ(森下:イラン料理)

過去の料理会の記録です。

 イラン料理の味付けは、日本人が好むアミノ酸や核酸系の旨味はほとんど考慮されず、ミントをはじめとする香草による風味とレモンやヨーグルトなどの酸味が重視されるため、醤油や魚醤の旨味がベースになっている東アジア地域の料理とは明らかに考え方が異なります。

 そんな日本人に馴染みがあるとは言い難いイラン料理を提供してくれたお店の名前はインターナショナルレストラン ミラノ。経営的には紆余曲折あった模様で、当初イラン料理専門店として開店したものの、イラン料理もあるイタリアンに店名含めて模様替え、さらに多国籍料理店に店名変更という経緯を辿っています。今回の飲食代も極めて格安な良心的なお店でしたので、是非このレポで興味を持った皆様にもご利用いただきたいと思います。

 さて、今回注文したのは以下の料理。ほとんどの料理は名前から中身が全く想像できません。一部の料理にはレシピのリンクをつけましたが、レシピを見ると、どの料理も手間がかかってることが分かっていただけるかと思います。

*Chelo Kabab Kobideh(羊のケバブ)
*Juje Kabab (鶏肉のケバブ)
*Kashk bademjan (ナスとナッツのディップ)
https://persianmama.com/eggplant-and-walnut-dip-kashke-bedemjan/
*Mast Burani
*Mahicheh (羊のスネ肉の煮込み)
*Ghorme sabzi (乾燥野菜と豆の煮込み)
https://chefy.jp/set/171111_01/
*Zereshk polo (ベリーのピラフ)
https://ameblo.jp/persian-cooking/entry-10526280233.html
*Gheymeh (サヤエンドウのシチュー)

 今回は正直、参加の皆様の口に合わなかったらどうしようと危惧していましが、”食べたことない味だけど美味しい”といった声が上がるなど料理は意外なほど好評でした。最終的には盛りが良すぎたバスマティライスを除き、ほぼ完食していただけました。
 そして、今回も皆様に地域に関する書籍をお持ちいただきました。紀行、小説、ルポなど今回も多様な分野の書籍が集まりました。女性差別などの重めの話題から、ペルシア独自の四行詩などまで幅広い分野に渡ってイラン、ペルシアの文化についての話題が出ました。

[持参いただいた書籍リスト]
*テヘランでロリータを読む
https://bookmeter.com/books/11276334
*時を超える旅
https://bookmeter.com/books/307443
*柘榴のスープ
https://bookmeter.com/books/2582
*家庭で楽しむペルシャ料理
https://bookmeter.com/books/265547
*イラン人は面白すぎる
https://bookmeter.com/books/4769167
*オマル ハイヤームと四行詩を求めて
https://bookmeter.com/books/8140571
*ルバイヤートの謎
https://bookmeter.com/books/10962596
*イスラーム
https://bookmeter.com/books/152505
*ペルシア帝国
https://bookmeter.com/books/112371
*ペルシアの四つの物語
*https://bookmeter.com/books/488067
*王様のためのホログラム
https://bookmeter.com/books/11267128
ペルセポリス 1  イランの少女マルジ
https://bookmeter.com/books/576405
*ペルセポリス 2 マルジ故郷に帰る
https://bookmeter.com/books/511560
*悠久の美ペルシア紀行
https://bookmeter.com/books/269063
*イラン〈ペルシャ語〉  (旅の指さし会話帳)
https://bookmeter.com/books/2514846
*イラン式料理本  (DVD)
https://goo.gl/2411Ph

ウイグル料理会

香膳(守山区 ウイグル料理)

過去に開催した料理会の記録です。

 3種の色や香りが特徴的なお茶を飲みながらのんびり料理が出てくるのを待ちます。出て来たものは、ポロ(羊肉メインのピラフ)、ラグマン(うどんに似たウイグルの方が好んで食べる麺類。一本一本がすごく長い。)、水餃子、焼餃子、ラム肉カバブ、フルーツたっぷりのヨーグルト(ウイグル特産のクルミ、干しブドウ、桃入り)。ウイグル料理は羊肉がメイン。餃子も羊が使われていますが、上手に調理されていますので臭みはあまり気になりません。少し辛い料理もありますが、基本的には日本人にも馴染み深い味だと思います。
 今回は皆様にウイグルまたは周辺国にまつわる本をお持ちいただきました。ウイグル関係の本はなかなか入手が難しいと思い周辺国の本でも可としましたが、大半の方は上手に図書館等で検索されてウイグル関連本を見つけておられました。
 サスペンス小説、旅行記、世界史、民話、廃墟記、市場のルポ、学術記録などジャンルも様々。お店の方にも本や写真を出していただき、遠いウイグルの地に思いを馳せました。
 今回は9名の皆様にご参加いただきました。キャンセル発生による追加募集もしましたが、お店の規模が小さいこともあり定員が十分ではなかったかと思います。また、同じような機会は設定しようと思いますので、ご興味持たれた方は次の機会に是非ご参加いただければと思います。

[持参いただいた本のリスト]
女一匹シルクロードの旅
https://bookmeter.com/books/9932120
新疆の旅
https://goo.gl/9VWVts
新シルクロード5 カシュガル 西安
https://bookmeter.com/books/264920
シルクロードおもしろ商人スクラップ
https://bookmeter.com/books/207198
シルクロード夫婦行
https://bookmeter.com/books/766449
内陸アジア史の展開
https://bookmeter.com/books/279453
ウイグルの反乱
https://bookmeter.com/books/366986
遊牧民から見た世界史
https://bookmeter.com/books/3323128
乙嫁語り10
https://bookmeter.com/books/12750092
バイコヌール宇宙基地の廃墟
https://bookmeter.com/books/10048992
ウイグルの母 ラビア•カーデイル伝
https://bookmeter.com/books/296063
シルクロードの民話 タリム盆地
https://bookmeter.com/books/10314431
ウイグル女性の家族と生活
https://bookmeter.com/books/1158186
台湾の歩き方
https://bookmeter.com/books/11122715

ネパール料理会

お店:ネパーリチュロ(金山)

過去に開催した料理会の記録です。


ネパールという国はインドと中国に囲まれた小国で馴染みがない気がしますが、日本のインド料理店は実はネパールの方が経営していることが多く、ネパールの皆様は気づかないだけで日本にも結構入ってきていらっしゃいます。
また、ネパール料理は、基本的には豆と野菜がメインで、スパイス使いはインド料理よりも穏やかなため、食べてみると日本人の口に合うものが多いです。

 本日食べたものは、モモ(ネパール風の餃子)、カジャセット(干し米をベースとした間食セット)、パニプリ(インドのおやつ)、チャウミン(スパイス風味の焼きそば)、パゴダ(ネパール風天ぷら)、マトンカレーなど。一部の料理で辛いという声が上がりましたが、基本的にはスパイス使いは穏やかなものが多いです。 
 そして、本日は皆様にアジア諸国にまつわる本を持参いただきました。旅行記、料理本に偏るかと思いきや、小説や文字に関する本など内容は個々人の趣味嗜好に合わせて様々でした。イランやアフガニスタンなどの日本人に馴染みの薄い国の話を取り上げた書籍もあり、まだまだ見知らぬ本があることを実感しました。
 また、別の異国料理店で会を開催すると、全然違う本に巡り会えそうな予感。次はどこの国の料理を食べに行きましょうか?

<皆様が持参された本リスト>
柘榴のスープ
https://bookmeter.com/books/2582
天涯無限 アルスラーン戦記 16
https://bookmeter.com/books/12524435
餃子ロード
https://bookmeter.com/books/135378
深夜特急3 インド ネパール編
https://bookmeter.com/books/551217
深夜特急1 香港マカオ編
https://bookmeter.com/books/571087
恋する世界一周
https://bookmeter.com/books/8153794
インドで考えたこと
https://bookmeter.com/books/567046
紳士と猟犬
https://bookmeter.com/books/11596497
ネパールに生きる
https://bookmeter.com/books/297332
おウチでタイごはん
https://bookmeter.com/books/11023230
思い立ったらすぐに行けちゃう週末アジア!
https://bookmeter.com/books/15798
図説 アジア文字入門
https://bookmeter.com/books/7911785
華麗なるインド系文字
https://bookmeter.com/books/168945
旅人思考でイスラム世界を知る本
https://bookmeter.com/books/9722155
東南アジアなんて二度と行くかボケ!
https://bookmeter.com/books/5207436
ぢるぢる旅行記 総集編(インド、ネパール編)
https://bookmeter.com/books/8072345
ネパール家庭料理入門
https://bookmeter.com/books/153268
旅の指さし会話帳25ネパール (ここ以外のどこかへ!)
https://bookmeter.com/books/126287