インドネシア料理会

インドネシアン・イフウシュショクドウ・サマサマ(栄:インドネシア料理)

過去の料理会の記録です。

 日本人向けの飲食店が立ち並ぶ中、とあるビルの2Fに上がると、広いちゃぶ台とクッションがおかれた庶民的な空間が待っています。今回も、我々がお店に入った後しばらくすると、続々と現地の方が来店し時に歌も歌いながら楽しくお喋りしている異国な空間に誘われます。
 メニューを開くと、英語と日本語付きの料理に加え、現地の方向けのインドネシア語オンリーのメニューページもかなり多く、何を注文しようか大変迷います。ハラル仕様のお店のため、アルコールはありませんが、ドリンクメニューにはドリアンジュースという何やら怪しい雰囲気のものも用意されています。
 今回の参加条件ですが、インドネシア料理店での開催は2回目ですので、従来通りインドネシアに関する書籍に加えて、熱帯果実の中でも異彩を放つドリアンに関する本についても可能であれば持参をお願いしました。複数冊持参いただいた方も多数お見えで、インドネシアに関する本では、旅行記、小説、服飾の図鑑、歴史書、現地の遺跡のミニチュアに関する専門書などが集まりました。ドリアンに関する本は、かなり入手が難しかったようですが、ドリアンの生態、食べ方などが書かれた書籍に加え、ゴム栽培とドリアン栽培で生計を立てるマレーシアの先住民についての書籍を持参いただいた方もいらっしゃいました。
 そして、今回注文した料理は以下の通りです。国民食のミックスプレート、ナシチャンプルに加え、テンペ(大豆のクモノスカビで発酵させた納豆よりも硬めの発酵食品)やココナツを使ったスープやお菓子など、専門のお店でないとと中々食べられないもも選定しました。インドネシア料理は、スパイスがそれほどたっぷりは使われておらず、海老の魚醤などで旨味もしっかりもあるので食べやすいものが多かったです。ただ、油断すると、後味に強烈な辛味を感じる料理もありました。
 ドリンクでは、その場でジューサーで作るフレッシュジュースが多く用意されており、バナナ、アボガドなどはかなり飲みやすいものでした。ドリアンジュースに挑戦した方も1名おられましたが、強烈な匂いもあって一人で飲み切るのはかなり辛かったようです。いつか、しっかり熟したドリアンをみんなで食べる機会も設けられたら良いなと思います。
 今回の募集も定員到達までわずか2時間という状況の中、初参加の方を含めて12名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。次回はおそらく年明けとなると思いますが、課題本形式、持参本形式のどちらにしようか現在検討中です。また、よろしくおねがいたします。

【注文した料理】
*Cumi cumi goreng tepung
(イカのフライのピリ辛ソース和え。こちらのソースはかなり甘みも強めで食べやすかったです。)

フォト

*Oseng oseng tempe
(テンペと野菜の炒め物。こちらも甘みの強い味付けでしたが、所々に紛れている唐辛子の辛味は強烈でした。)

フォト

*Empal
(牛肉の甘辛揚げ。ビーフジャーキーを思わせる水分少なめまでしっかり揚げられた牛肉は、ビールによく合いそうでした。(こちらのお店では飲めませんが))

フォト

*Nasi campur
(インドネシア料理のミックスプレート。ライスの周りにガドガド(ピーナツソースのサラダ)、サテ(しっかり固めまで焼かれた焼き鳥)、テンペなどが綺麗に盛られていました。)

フォト

*Sayur lodeh
(野菜のココナツミルク煮。この料理が一番参加者の皆様に評判がよかったと思います。たっぷりの野菜と細かく刻まれた厚揚げがココナツミルクで煮込まれています。口に入れた瞬間はかぼちゃのスープを思わせる優しい甘みが広がりますが、後味には意外なほどしっかりとした辛味がやってきます。)

フォト

*Bihun goren
(焼きビーフン。魚醤も使われているのか旨味もしっかりでした。)

フォト

*Klepon
(ヤシ糖入りココナッツダンゴ。お団子の外観の緑色に気になって注文してみたデザートです。米粉の団子の中にヤシ糖でとろりとした蜜を入れてココナッツをまぶした料理です。お団子を植物性の色素で真緑に着色しているのがとてもインパクトありますが、お味は優しい感じで口直しにぴったりでした。ご興味ある方はリンク先のレシピをご覧ください。)
http://daidoko.dewakoku.or.jp/recipe/60

フォト

【持参いただいた書籍】
*現代インドネシアを知るための60章 エリア・スタディーズ 113 明石書店
https://bookmeter.com/books/6374060
*インドネシア インドネシア語 旅の指さし会話帳 2 ここ以外のどこかへ!アジア 10
https://bookmeter.com/books/340564
*果物の王様ドリアンの植物誌 天国の味と地獄のにおい 長崎出版
https://bookmeter.com/books/1843544
*熱帯果樹とその利用 農林統計協会
http://www.aafs.or.jp/books/ISBN4-541-02285-0.html
*ドリアン-果物の王 塚谷裕一 中公新書
https://bookmeter.com/books/13458439
*インドネシア バリの踊り子 マン・アユ (世界のともだち)
https://bookmeter.com/books/9791938
*バリ島服飾文化図鑑
https://bookmeter.com/books/12974152
*ドリアン王国探訪記: マレーシア先住民の生きる世界 (フィールドワーク選書)
https://bookmeter.com/books/7526385
*親日指数世界一の国! インドネシアで快適に滞在するにはコツがある (B&Tブックス)
https://bookmeter.com/books/7686850
*インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)
https://bookmeter.com/books/7465148
*バリ島に女ひとりで住んでみた。
https://bookmeter.com/books/11188342
*世界の食文化〈6〉インドネシア
https://bookmeter.com/books/1865368
*インドネシアすみずみ見聞録 (アジア・カルチャーガイド)
https://bookmeter.com/books/1053567
*ミハスの落日 (創元推理文庫)
https://bookmeter.com/books/11123034
*母が作ってくれたすごろく: ジャワ島日本軍抑留所での子ども時代 (児童書)
https://bookmeter.com/books/12875911
*神々の村、バリ島ウブドの誘惑
https://bookmeter.com/books/7493379
*NHKスペシャル アジア古都物語 ジョグジャカルタ
https://bookmeter.com/books/812028
*赤道 星降る夜 (小学館文庫)
https://bookmeter.com/books/13009916
*入門 東南アジア近現代史 (講談社現代新書)
https://bookmeter.com/books/11401517
*エビと日本人
https://bookmeter.com/books/405355
*星の牧場
https://bookmeter.com/books/14614
*みんなの建築ミニチュア 子供も大人も楽しめる 世界の建造物1000
https://bookmeter.com/books/12348012
*ボロブドール遺跡めぐり
https://bookmeter.com/books/215326
*世界の民族音楽
https://bookmeter.com/books/227884

韓国料理会

コリアタウン(新栄:韓国料理)

過去の料理会の記録です。

今回は韓国人作家の小説の持参を参加者の皆様にお願いしました。家族、特に父親との関係性や封建的な社会の息苦しさをユーモアを交えて問題提起した作品、韓国と日本という二つの祖国の間で自己のアイデンティティに逡巡する在日3世の思いを綴った作品などに加え、豊臣秀吉の朝鮮進出を阻止した李舜臣の活躍を描く歴史小説、韓国の晴れ着について可愛いイラスト付きで書かれた絵本など、多様な作品が集まりました。
 そして、今回注文した料理は以下の通りです。チヂミ、キムパといった定番料理に加え、現地ではサムギョプサルと人気を二分するポッサム(茹で豚をキムチや唐辛子などと一緒に、サンチュで包んで食べます。)、韓国風茶碗蒸しのケランチム、炸醤麺の韓国風アレンジであるチェジャン麺、注文単位が鶏1羽単位のヤンニョムチキン(鶏の甘辛揚げ)などを注文しました。
 茶碗蒸しは卵メインで日本の物よりも大分大きく、ジャージャー麺の韓国風アレンジのチェジャン麺は見た目は真っ黒で甘みが強く肉より野菜が多いなどの独自のアレンジはされてはいますが、距離的に近いこともあり和食や中華料理との共通点が感じられる料理が多かったのが興味深かったです。なお、韓国では4月14日は恋人がいないフリーの男女が黒い服を着て、チェジャン麺を食べるブラックデーという慣習が1990年代から突然できたそう。こういった流行に影響されやすい国民性も日本との共通点が感じられますね。
 
 今回の募集も定員到達までわずか1時間という状況の中、初参加の方を含めて12名の方にご参加いただきました。会話の中では、韓国旅行時の話も聞かせていただけてありがたかったです。

【注文した料理】
*野菜チヂミ(野菜たっぷりで、サクサクでした。)
*ケランチム(韓国風茶碗蒸し。卵がメインで日本の物に比べてだいぶ大きいです。)
*ヤンニョムチキン(鶏の甘辛揚げ。味噌ベース。)
*トックスープ(お餅入りのスープ。餅は日本の物より溶けずらい感じ)
*ポッサム(茹で豚。キムチや青唐辛子と一緒にサンチュ、エゴマに包んで食べます。)
*チェジャン麺(韓国の炸醤麺。かなり甘めの味付けです。)
*キムパ(韓国風のり巻き。こちらもごま油の風味豊かです。)

【持参いただいた韓国人作家の本】
菜食主義者 ハン・ガン
https://bookmeter.com/books/3353045
ギリシャ語の時間 ハン・ガン
https://bookmeter.com/books/12354950
カステラ パク・ミンギュ
https://bookmeter.com/books/8049469
娘について キム・へジン
https://bookmeter.com/books/13388774
フィフティピープル チョン・セラン
https://bookmeter.com/books/13140149
孤将 金薫
https://bookmeter.com/books/149648
ぼのぼのみたいに生きられたらいいのに キム・シンフェ
https://bookmeter.com/books/12654537
走れ、オヤジ殿 キム・エラン
https://bookmeter.com/books/12507198
ソルビム―お正月の晴れ着 ペ・ヒョンジュ
https://bookmeter.com/books/560012
韓国ジョークの世界 朴承薫
https://bookmeter.com/books/2455716
君はこの国を好きか 鷺沢 萠
https://bookmeter.com/books/394525
悩む力 姜尚中
https://bookmeter.com/books/579838

タイ料理会

BANGKOK タイ料理(矢場町:タイ料理)

過去の料理会の記録です。

 今回の会場は現地仕様のタイ料理の老舗、「BANGKOK 」。お店の場所柄、内装はタイ在住経験のある日本人男性向けの派手めのものとなっていますが、料理の方はは本格的。トムヤンクンやグリーンカレーなどの定番メニューの他に、見慣れぬハーブや野菜を使ったメニューも多数並んでいます。
 今回の参加条件は、シンプルにタイに関する書籍の持参。タイ料理や旅行に関する本が多めなのは想像通りだったのですが、一見、タイ関連に見えない絵本や小説も持参いただいた方が多く、タイ文化の奥深さが感じられ非常に興味深かったです。
 そして、今回注文した料理は以下となります。トムヤンクンやパッタイなどの定番メニューの他に、ココナツミルクの白色が特徴的なトムカーガイ、卵の黄色が特徴的なプーパッポンカレーなど色んな料理を食べました。こうやって、タイ料理を食べ比べてみると、辛味よりも強めの酸味や甘味、ナンプラーの旨味とのバランスがタイ料理の特徴なことが実感できました。一品一品の量が結構多いお店のため、色んな料理を食べ比べられるのは、大人数での会の醍醐味ですね。

[注文した料理]
*春雨サラダ
*エビ春巻き
*空心菜の炒めもの
*トムカーガイ(鶏とココナツミルクのスープ)
*プーパッポンカレー(カニと卵のカレー)
*トムヤンクン
*グリルポーク
*パッタイ(ライスヌードルの炒め物)

[持参いただいた書籍]
*ともだちがほしかったお月さま
https://bookmeter.com/books/238630
*旅名人ブックス32 タイ北部
https://bookmeter.com/books/1163709
*アジア「女子旅」の達人
https://bookmeter.com/books/11103010
*「世界遺産」謎解きガイド
https://bookmeter.com/books/10567983
*ふたご象のチムとチュム
https://bookmeter.com/books/1309219
*さおり&トニーの冒険紀行 タイで大の字
https://bookmeter.com/books/8004991
*旅の指さし会話帳1 タイ
https://bookmeter.com/books/1323814
*タイ料理のごはんですよ
https://bookmeter.com/books/1956766
*観光
https://bookmeter.com/books/631853
*タイ国の美術 (東南アジアブックス―タイの美術)
https://bookmeter.com/books/2999138
*現代世界の陛下たち:デモクラシーと王室・皇室
https://bookmeter.com/books/13104202
*熱い絹
https://bookmeter.com/books/374668
*エキゾティカ
https://bookmeter.com/books/367515
*日本の中のインド亜大陸食紀行
https://bookmeter.com/books/13798317
*10分で野菜の本格タイごはん
https://bookmeter.com/books/6505154
*ゼロからスタート! タイ移住サバーイマニュアル
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0527745